札幌市のホンマ矯正歯科

抜くの抜かないの?

抜く矯正と、抜かない矯正の違いを知りましょう。

■矯正医の悩み

矯正専門医の一番の悩みは歯を抜くか抜かないか。

患者様にとって「歯を抜かない矯正治療」というフレーズは、とても魅力的です。そして矯正専門医も、実は抜きたくないと考えています。
このページでは抜く矯正治療と抜かない矯正治療の違いについて、具体的な例を示して説明いたします。

先に抜いた症例を、後に抜かずに治した症例をお見せします。 なぜ抜いたのか、なぜ抜かずに治せたのか、矯正治療にとってとても大切な情報が含まれています。 知っていると知らないとでは大違い。最後までご覧頂ければ幸いです。

■なぜ抜くの?

では、なぜ抜歯と診断することがあるのでしょう。

それは、抜く以外に不正咬合の原因となっているアンバランスを取り除く方法が見あたらないからです。なんだバランスか、と思われるかも知れません。しかし、それが肝心。

生体のバランスを崩したままに終了した矯正治療が、後になっていかに多くの弊害をもたらすか、私たち専門医はよく知っています。 また同時に、バランスを取り戻すことによって患者様がいかに改善するかも熟知しています。

その改善の目に見える部位として、側貌(横顔)があげられます。

抜くと抜かないとでは、結果に驚くほどの差が生ずるのが側貌です。以下の写真をご覧下さい。

■抜くとどうなるの?

前歯が強く飛び出し、さらに骨に前後的ズレのある前突症例。横顔の改善が求められます。しかし、年齢的に顎の骨の成長が期待できません。 しかし、年齢的に顎の骨の成長が期待できません。成長の見込めないこの症例は、抜歯以外に改善は望めませんでした。

【抜歯症例1】

抜歯症例術前(前歯) 抜歯症例術前(口唇)
術前の写真

前歯の突出度が強く、下の前歯と咬んでいません。また、口唇を閉じることが困難で、無理に閉じようとすると、顎と唇に強い緊張を示しました。

きちんと無理なく唇を閉じるためのバランスを得るためには、歯を抜かざるを得ませんでした。

抜歯症例術後(前歯) 抜歯症例術後(口唇)
術後の写真

前歯を抜くことによって前歯と唇を十分に後退させ、バランスを取ることが出来ました。

その結果、力むことなく唇を閉じられるようになり、鼻の下から顎にかけてきれいなカーブを描くようになりました。

抜歯によって得られたこの美しさは、骨格と軟組織や歯並びが調和した美しさ、即ち患者様の本来の美しさなのです。

バランスを取り戻すとはこういう事です。
側貌が改善し、美しく上品な口元になっています。これは軟組織と硬組織が調和したから得られたもの。矯正で大切なのはこの調和なのです。

大切な歯を抜きたくない気持ちは良く分かります。健康な歯を抜くことには抵抗があるでしょう。でもその歯が不調和を招く原因であったとしたら・・・・。 横顔はこれだけ美しくなります。矯正で歯並が良くなるのは当然、でもそれだけで満足ですか?

■’05年に行われた市民公開講座「みんなの歯ならび教室」のリーフレットにこの写真が使われました。 この写真をご覧になった方から「この写真は同一人物ですか?」と質問を受け、「その通りです」とお答えしたところ、大変驚いておられました。その方は術前と術後に別人の写真を載せていると思っていたのです。
■別人と見まちがうほど改善した口元、私どもの診療室はその喜びを多くの方に感じていただきたいと願っています
■これより下に示します症例は、歯を抜いた症例も抜かなかった症例も、軟組織と硬組織が調和をしたことによって側貌がキレイになっています。
■写真の引用はご遠慮下さい
ある歯科医院のホームページに大変残念なことですが、上記写真が無断引用されていました。当ホームページに掲載の写真を無断引用するのはご遠慮下さい。

前歯が強く飛び出し、唇を閉じる事が出来ません。年齢的に顎の骨の成長が望めませんから、抜歯をせざるを得ませんでした。

【抜歯症例2】

抜歯症例術前(前歯) 抜歯症例術前(口唇)
術前の写真
抜歯症例術前

唇を閉じようと力を入れているのですが、閉じきることが出来ずに中切歯が見えてしまっています。

上の前歯6本は突出し、全く噛み合っておらず、ご覧のように下の前歯との間に大きな隙間がありました。

抜歯症例術後(前歯) 抜歯症例術後(口唇)
術後の写真

上顎前歯が後退し、下顎前歯とキッチリと噛み合うようになりました。その結果、唇に無駄な力を入れることなく自然に閉じられるようになりました。

上下の隙間が閉じたことにより、前歯で楽に食物を噛み切ることが出来るようになりました。

この症例は、歯を抜く以外の方法で前歯を咬ませることも横顔を改善することも出来ません。
キチンと前歯で食べ物が噛み切れる、横顔が美しくなると言うことの意義は、とても大きいものです。

■ここで示した2例は、いずれも下顎の成長がなかった症例です。よって抜歯以外では治療できません。 「全ての症例を非抜歯で治す」ことは(技術にかかわらず)不可能なのです。
■大幅に側貌が改善した症例を指して、「舌房が極端に狭くなる」と誤った情報を示すホームページがあります。 これは知識不足からくる誤解で、例えばここで示した2症例は、舌房に大きな変化がありません。

■必ず抜くの?

決してそんなことはありません。

ホンマ矯正歯科では、条件が整えば抜かない矯正治療を心がけております。

その条件のひとつに下あごの成長量があげられます。この成長を上手く利用しますと、抜かなくても軟組織と硬組織はキレイに調和することができます。
そのためには、治療開始の時期を的確に捉えることが重要なカギになります。

【非抜歯症例1】

非抜歯症例術前(前歯) 非抜歯症例術前(口唇)
術前の写真

上顎前突(出っ歯)の患者様を抜かずに治した例です。

上の前歯が強く突出し、唇を閉じることが困難になっています。無理に閉じようとすると写真のように力みが認められます。

しかしならが、幸いなことにこの患者様は下あごの成長が見込める年齢でした。

非抜歯症例術後(前歯) 非抜歯症例術後(口唇)
術後の写真

上顎前突が改善し、楽に唇を閉じられるようになっています。また口元が後退した結果、鼻が高く見えるようになりました。

患者様の顎の成長を利用することで、このように抜歯をせずとも美しい口元を獲得し、理想的に矯正治療を終えることが出来ました。

歯を抜かずに治すためのもうひとつの条件が、患者様の協力度です。

【非抜歯症例2】

非抜歯症例術前(前歯) 非抜歯症例術前(口唇)
術前の写真

上の前歯(中切歯)が飛び出しているばかりではなく、隣の歯(側切歯)が内側に引っ込んで叢生(乱杭歯)になっており、困難な治療が予測される症例でした。

非抜歯症例術後(前歯) 非抜歯症例術後(口唇)
術後の写真

患者様の十分な協力が得られますと、歯を抜かずに治すことが可能となります。
この患者様はヘッドギアを十分に使ってくれました。

この症例の口腔内写真は子供の矯正治療のコーナーをご覧下さい。

歯を抜かない治療だからといって、横顔の美しさを犠牲にするべきではありません。 ここに提示した二つの症例は、非抜歯矯正治療をしましたが、患者様の横顔の美しさを損なうことなく、キレイな歯並びになっております。

条件が整えば歯を抜かない矯正治療でも、ここまでキレイな横顔になります。

■上に示した2症例は、歯列弓を側方に拡大しておりません。条件が整えば、側方拡大や抜歯をせずとも矯正治療は可能なですが、その為には専門知識と経験が必要になります。

■抜くの抜かないの?

抜かずに治せる症例は抜きませんが、抜くべき症例は抜くと言うのが多くの矯正専門医の基本スタンスです。 一方で非抜歯矯正を主張される方はそのほとんどが矯正専門医ではありません。なぜなのでしょう。

歯を抜いた上で「大きな改善」を得るには、抜いたスペースを有効に使うための知識・技術・経験が必要になります。 ところが、それらを持ちあわせていなければ、たとえ抜歯をしたとしても効果的な改善など望めません
皮肉なことに、非抜歯矯正の現実は、こんなところにあるのです。

当院ではむやみに抜歯をお勧めしておりません。お勧めする場合は、患者様に十分なメリットがあると確信したときだけです。

■十分なメリットとは■
バランスよい矯正をすることにより長期間安定する。キチンと咬む事が出来る。口元がキレイで自信が持てるようになる。 笑うときに手で歯並びを隠さなくて良い。夜、唇を閉じて寝られる等々。
■抜いた方が簡単?■
矯正治療は抜いた方が簡単ですか?と言う質問を受けることがあります。答えは抜いても抜かなくてもどちらも難しい。 ところが、知識・技術・経験がなければどちらも簡単なのです。その結果、次のような患者様が生み出されてしまいます。生の声をお読み下さい。

■非抜歯矯正から抜歯矯正へ、なぜ?

当院の質問掲示板に抜歯についてご質問をいただきました。患者様は、なぜ非抜歯から抜歯矯正へ切り替える決断をされたのか?
とても示唆に富んでいますので回答を一部編集し掲載します。参考にして下さい。

Q.一般歯科で非抜歯矯正をしたら、友人や家族から以前より口全体が出てきたような感じがすると言われました。

A.抜歯が必要なのに歯を抜かなかった治療にありがちの症状だと思われます。

先ず、抜歯に関しましては
①非抜歯で治せる症例。
②抜歯でなければ治せない症例。
③抜歯か非抜歯かの判断を迷う症例。
の3パターンがあることを念頭に置いてください。

パターン①は抜かずに治します。

パターン②の場合、矯正専門医は毅然として非抜歯を拒否します。
なぜなら、無理やり非抜歯で治療した場合の弊害を嫌と言うほど知っているからです。 言い換えると、その弊害を防ぐために歯を抜いていると言ってよいくらいないのです。

パターン③の判断を迷う場合、歯を抜かない選択をすると、治療はとても難しくなります。 ですから、非抜歯と診断する場合は、矯正専門医にそれ相応の決意が必要になります。

ところがパターン②にもパターン③にも非抜歯矯正治療を提唱される一般歯科医がおられます。 そして矯正という医療の幅に収まりきらない、残念な結果が生みだされることになるのです。

矯正専門医は歯並びだけを見ている訳ではありません。骨格や軟組織と歯並びがいかに調和するかを、トータルに考えながら治療しています。 そのため必要なのが知識と技術と経験なのです。歯だけを見てバランスを考えず「抜かずに治せますよ」と言うだけならば非常に簡単です。
【結果が出ました下の写真をご覧ください】

■この患者様の治療が終了いたしました■

「非抜歯矯正をしたら、以前より口全体が出てきた」と掲示板にお書き込みいただいた患者様は、 その後当院に転院して抜歯をして再治療することになりました。先日治療が終了しましたので、治療前後の比較写真をご覧下さい。

矯正治療はどこで治療しても同じ結果が得られるわけではありません。
左の写真は、他院で矯正治療をして「そろそろ装置を外します」と言われた時の状態です。 非抜歯で矯正治療が出来ると言われたそうですが、患者様はこんな結果になるとは思っておられませんでした。
抜歯をして再治療したところ、右写真のようになりました。得られた結果に患者様は大変満足して下さいました。 「抜くべき症例を抜く」のは、患者様の満足が得られるとともに正常バランスが得られるからです。
他院、抜かない矯正
当院、抜歯後再治療

抜く矯正と抜かない矯正、結果に違いがあります。

患者様はもともと綺麗なお顔立ちだったのですが、抜歯をして矯正治療することにより E-ラインの中に唇が収まってバランスの取れたより美しい口元になりました。

本来抜かなければならない症例を、非抜歯矯正したのが左の写真。抜歯してバランスを整えた治療が右の写真と言うことです。

■非抜歯治療をされた担当医は、術後に左写真のような口元になると予測していなかったか、それで良しとしたのでしょう。 問題はそこなのです。正しい知識と経験があれば、最初からこの様な治療法は選択しません。 横顔がバランスを崩しさまざまな弊害を引き起こすと予測がつくからです。

■この患者様は再矯正の結果に、大変満足していただくことが出来ました。しかし、以下のような理由で再治療の決心が付かない患者様もおられます。

【とある掲示板から、患者様の投稿を引用】
「非抜歯矯正の結果、おかげでちょっぴり口元が盛り上がり気味ですかね…。気持ちの折り合いをつけるつもりです。 再治療には)時間もお金もかかりますし。もしかして選択を誤ったのかもしれませんが、これもまた運命と思ってます」
・さて、どう思われたでしょうか。運命とまで思うとは・・・。本来なら術者は起こりうる結果について患者様によく伝え、抜歯と非抜歯の違いを了解していただかなければなりません。 しかし現実には↓以下のような説明をされてしまう場合があるのです・・・。

■本当でしょうか?

ある一般歯科のホームページに、抜かない理由を「視点を変え、その人が本来持っている顎の大きさにに回復させるから歯を抜かなくても矯正治療できる」のだ、 と説明してありました。一見、説得力がありそうに見えますね。

しかし、「視点を変える」だけで抜かずに矯正できるのならば、なぜ矯正専門医達は頑として視点を変えないのか不思議に思いませんか? 「本来の大きさ」とは何でしょうか?
専門医が抜歯と言う苦渋の選択をするのには、知識と経験、そして技術に基づいたキチンとした理由があるからなのです。

■つまりはこういう事です

非抜歯拡大矯正については日本矯正歯科学会の元会長、福原達郎先生がご自身の著書の中で次のように述べています。

「スクリュー式の拡大式装置」「宣伝通りにいかないばかりか、結構トラブルがあります。 正規の矯正治療教育を受けていない人が同業者に宣伝しているからだ、という意見もあります」(※注)
そしてさらに、次のように続けています。
「必ずといっていいほど戻ってしまいます」「ひどい歯根吸収が起きた例があります」 (主婦の友社 「歯列矯正がよくわかる本」福原達郎から引用)
(※注)矯正の専門教育を受けたことがない人が講師となって、一般歯科医に矯正を教えている。

ホンマ矯正歯科は、矯正治療の質の違いを重視しています。

■ミス札幌に!

’07ミス札幌は、ホンマ矯正歯科の患者様が受賞しました。
成長が終了してからの矯正治療でしたから、抜歯をしてバランスを整えました。上品な口元、美しい横顔になり受賞されたものと、大変嬉しく思っております。
当院では美しに配慮したトータルな矯正治療を行うため、知識と技術と経験の蓄積に努力しております。 ミス札幌の情報はこちら

患者様がミス札幌に選ばれたのは抜歯をして口元のバランスを整えたから。 抜歯をせずに矯正治療をしてもミス札幌受賞の基準には当てはまらなかったでしょう。バランスを整えることは、誰しも認める美しさの獲得に繋がるのです。

■一生の宝物

現代の子供たちは軟食傾向(※)にあります。その結果噛む回数が減って、骨への刺激不足から顎がどんどん小さくなってきています。 一方で歯の大きさは、高栄養価によりむしろ大きくなる傾向にあるそうです。当然、小さな顎の骨に大きすぎる歯は並ぶことが出来ません。 無理に並べようとすれば椅子取りゲームのように骨からこぼれる歯が出てきてしまいます。また行き場を失った歯は横顔のバランスも崩してしまいます。

バランスを考慮した矯正治療は、横顔をきれいにし唇を楽に閉じられるようにします。得られた美しさは一生の宝物です。

(※)咬まなくても消化出来るほど軟らかく栄養価の高い食品を食べる傾向

■口の中が狭くなるの?

「歯を抜いて矯正すると口の中の大きさ(舌房)が狭くなりすぎる」と言うような説を唱える人がいますが、その様なことにはなりませんので心配はご無用です。

上に示しました抜歯症例1および2の治療終了後の写真をご覧下さい。口元が著しく改善しているのがお分かり頂けます。 これほど変化したならさぞや口の中も狭く「想像して」言ったのが舌房が狭くなりすぎると言う説です。 矯正治療に対する正しい知識がなければこの様な思い違いを生じます。

実際の変化は限られており、舌房によって障害を起こすことはありません。その理由を矯正専門医は良く承知していますから、この様な説は唱えません。

■ほうれい線が出るの?

抜歯の必要性がある患者様に、抜歯のご説明をしているとき・・・・

「抜歯をして矯正すると将来ほうれい線が出ると聞いたのですが」と言う質問を受けることがあります。 どこで聞いたのですか?と尋ねますと、判で押したように非抜歯矯正を進められたとき、そこの歯科医院でとのお答えでした。

結論から申し上げますと、そんなことはありません(※注)。抜歯矯正をしたからと言ってほうれい線が出るわけではないことはよく知られています。 ところが、「将来」と言われるとはっきりとは分かりませんでした。

実例として新潟市の深町博臣先生(ふかまち矯正歯科)が70代後半の上顎前突症例を矯正された例が発表されております。 出っ歯が見事に後退し口元が美しく改善しているのですが、ほうれい線は出ていませんでした。

つまり、年齢を重ねた方の前歯を後退させたからと言ってほうれい線が出るわけではないことを実証したのです。 これはある意味当然です。出っ張っていた前歯を後退させて口元の軟組織と調和を取っているのですから、より自然な状態に戻ったと考えた方が良いのです。

もし矯正相談の時に「抜歯矯正すると、ほうれい線が出て来ますよ」と言われたら、「分かりました、ではほうれい線が出た症例を見せてください」と求めてみて下さい。 もしその様な症例を持ち合わせていないと言うのであれば、それは実証されたものではないと言うことになります。 実証されていない杞憂をもとに、現在得られる美しさや安定した咬合を諦めることはないのではないでしょうか。

(※注)そもそもほうれい線は、年齢と共に細胞膜が衰えていくことが原因で、肌の再生能力が弱くなり、 皮膚が薄くなってたるみやシワが発生しやすくなることによります。つまり、前歯の位置を変えてバランスを取ったこととは無関係で、 調和させたら将来ほうれい線が出る、というのは根拠のないおかしな話なのです。

■新潟市の深町博臣先生のご厚意により、症例写真を掲載させていただきます。

術前の写真

70代後半、初診時の状態。

上の前歯が強く突出し、唇を閉じると上下の唇も突出した状態になっています。

術後の写真

抜歯をして矯正治療をしております。上顎前突が改善し、上下の口唇が後退した結果、楽に唇を閉じられるようになっています。

治療終了時点で80代になっていますが、注目していただきたいのは、口唇が後退したからと言ってほうれい線が発生していない点です。 つまり、矯正治療による前歯の後退とほうれい線の間に直接の相関は無いと言うことです。

【写真提供:新潟市 ふかまち矯正歯科】
■上の写真を良く比較すると、矯正治療前の方が、むしろほうれい線が強く出ています。抜歯矯正治療後の写真では、ほとんど認められません■

■ネット情報??

上の記事「口の中が狭くなるの?」「ほうれい線が出るの?」もそうですが、現在、ネット上には、驚くほど無責任な情報が流れています。たとえば・・・

全ての症例の 「歯を抜かない、側方拡大をしない、ヘッドギアやチンキャップなど用いない、顎間ゴムも用いない、治療期間が短い、痛みがない」

そしてそれが可能なのは、「今一番進んでいる矯正」だからだと述べています。当然、矯正専門医ではありません。「矯正専門医ではできない治療」とも書いてあります。

出来ないのではなく矯正専門医はしないのです。弊害を熟知していますから

この様なことを言われましたら、必ず専門医の門をたたいてセカンドオピニオンを受けて下さい。いい加減な情報には自己防衛しかありません。

【参考】
矯正専門医は学会や講習会・勉強会等の機会をとらえ常に情報を収集しています。最新の技術や知識は先ず専門医や大学の矯正学教室にもたらされます。 経験を積んでくるとそれらの技術や知識にはサイクルのあることが分かってきます。つまり、「昔使っていたが今はすたれてしまった」技術が、 形を変えてリバイバルする。言い換えると「ハヤリ」です。専門医はこの様な技術には一定の距離を置いて見ています。 その技術が本物かどうか時間をかけて検証しているのです。
ただ、どの様なハヤリ技術が出てきたとしても「基本」は変わりません。基本を覆すような画期的な技術は、今どこにも存在しないのです。 「新しい技術だから」「特殊な技術」「最新の方法」「他では出来ない方法」を使うから非抜歯で、あるいは短期間に治療できる。 その様なことを言われたら先ず疑ってセカンドオピニオン!

■写真の無断掲載■

このホームページを載せているプロバイダーから、当ホームページ内の写真が、複数の歯科ホームページで無断掲載されていると連絡を頂きました。 当ホームページ内の写真は全てホンマ矯正歯科で撮影したもので著作権を放棄しておりません。写真の無断掲載はお断り申し上げます。 掲載している写真はただちに削除してくださるようお願い申し上げます。